ニュース

ヒミトの「安全美髪の毛染め」を始めて利用する理由

初めてご利用のこちらのお客様の理由は、

  • 染めるたびに「かゆみ」が出る様になり、怖くなって安全に毛染めが出来る様に地肌に付かない様にしたり、ハーブの毛染めをしたり、ヘアーカラートリートメントなどをしたが、しっかり染まる毛染めがやっぱり「かゆみ」が出るし、かゆくない毛染めは色がしっかり染まらないので、ヒミトの「安全美髪毛染め」を試してみようと思ったと言う事です。

今回、染めてもらって違う事は、染めてる最中に痒くなく、臭いも強くない事です。
かゆみの具合は明日になって見ないと分かりませんが、今までとは違う感じがします。

と言う事です。

「安全美髪毛染め」を試してみたい理由は様々ですが、安全な毛染めは殆どの場合、本来の美しい髪に戻って行きます。

今、毛染めに不安を感じる方は、一度試してみてはいかがですか?

「安全美髪毛染め」認定者がいるサロンをご紹介いたします。

➤ http://hm-b-b.com/?page_id=168

これから、髪がどの様に変化して行くか楽しみですね。


「安全美髪毛染め」デモ講習開催!

アルカリカラー(酸化染毛)を瞬間に安全な毛染めにする技術を公開デモ開催!

安全な毛染めを求めているお客様が沢山います。

  • かゆみなどカブレ、退色、傷み等毛染めでの問題点が気になるサロン様、美容師様必見!
  • 毛染め価値が3000円~アップし、お客様が大満足!

実証

  • 美容サロン ブルーヘアーは、3ヶ月先まで予約で満員!
  • 営業時間はたったの6時間!
  • 昼食、休憩はしっかりとります。
  • 社員の福利厚生は万全。
  • 勉強時間は勤務時間内

貴方のサロンも、価値が隠れています。

安全美髪毛染めで実感ください!

開催日時:2019/11/18 月曜日 19時~21時

場所:小樽市花園町 ヤスエ美容室 ホームページ➤https://yasue-salon.com/

費用:無料

お申込:こちらをクリック!➤こちら 又は 受付窓口サロン ☎011-614-9285(担当佐々木)


小樽着物ショーにて「安全美髪毛染め」ブース設置

2019年10月8日火曜日 小樽運河プラザ 17時~和太鼓 18時~小樽着物物語

主催:小樽美容協会
演出、動画制作:ヤスエ美容室 有田直哉

小樽着物ショーにて「安全美髪毛染め」のブースを設け、関心のある美容師さんに説明とパンフレットを差し上げました。

また、入場者さんへ、A5チラシを添付し配布


安全毛染めの始め

髪を安全に染める為に積み上げたやり方をご紹介致します。

8年前にナゼ毛染めを安全にと考えたのか・・・それは、
元々髪は美しい物なのに、美容室ではパーマ、毛染め、シャンプー、トリートメントなどで髪を傷めてヘアースタイルをつくると言う疑問からです。

中和剤の開発

まず最初に手掛けたのが、毛染めに使われるアルカリ剤と過酸化水素剤の中和でした。
当社は中和剤を製造しているメーカーを探していたのですが、100%中和するものがなかなか無く、困っていた時に、たまたま営業に来ていた製造メーカーさんに出会い、中和剤を作ると言う方向に向いたわけです。
工場とやり取り中で、アルカリ剤と過酸化水素剤を同時に出来るのではと、開発を進め現在の同時中和と言う薬剤の基礎が出来たわけです。
素材、処方、そしてテストを重ね使用方法が完成し、スプレータイプ(現在はムースタイプ)として製品化し、自社サロンにて毛染めによる傷み予防の材料として営業に導入しました。

思わぬ成果が生まれた

最初の成果目的は、髪の傷み、色抜け予防でした。
実際に使い始めると、「痩せた髪のコシがしっかりした」「頭皮がヒリヒリしなくなった」「髪に艶が出て来た」「アミノ酸シャンプーだけで、トリートメントが要らなくなった」「仕上げがまとまりやすくなった」など、新たな成果が生まれたのです。

お客様の為が

当サロンのお客様の為に始めた中和で、取組んできた美髪に、トリートメントなしで近づいた事は大きな成果となり、ここからサロン顧客拡大につながり、新しいサロンづくりへ向かう事になったのです。

そして、この中和剤の始まりが「安全毛染めプログラム技術」へと発展して行くのです。


「毛染めによる皮膚障害」 消費者安全法第33条の規定に基づく意見を引用

消安委第69号 平成27年10月23日 消費者庁長官 殿 厚生労働大臣 殿
※「毛染めによる皮膚障害」 消費者安全法第33条の規定に基づく意見を引用

消費者安全調査委員会委員長

消費者安全法第33条の規定に基づく意見

消費者安全調査委員会は、毛染めによる皮膚障害について行った、消費者安全 法(平成21年法律第50号)第23条第1項の規定に基づく調査の結果を踏まえ、同 法第33条の規定に基づき、消費者安全の確保の見地から、下記のとおり意見を述 べる。 なお、この意見を受けて講じた措置について、その内容を報告いただくようよ ろしくお取り計らい願いたい。

ヘアカラーリング剤の中で、酸化染毛剤は最も広く使用されている製品であ るとともに、最もアレルギー性接触皮膚炎になりやすい製品でもある。アレルギ ー性接触皮膚炎になると、一旦皮膚炎の症状が治まっても、再度酸化染毛剤を使 用すれば再発する可能性が高く、また、そのまま毛染めを続けていると、症状が 重篤化し得る。 酸化染毛剤の主成分である酸化染料は、アレルギーを引き起こしやすい性質 を有するが、現時点では、代替可能な成分が他に存在しないため、残念ながら、 製品の改良によって直ちにリスクの低減を図ることは困難である。そのため、症 状の重篤化を防ぐためには、いち早く異常に気付くこと、異常を感じたら適切な 対応をとることが必要であり、こうしたリスクや対応策について社会全体で共 有されることが重要である。 以上のことを踏まえ、消費者庁及び厚生労働省は、毛染めによる皮膚障害の重 篤化を防ぐために次の点について取り組むべきである。

1.消費者庁長官及び厚生労働大臣への意見

消費者が酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策等を理解し適切な行動が とれるよう、以下の事項について様々な場を通じて継続的な情報提供を実施 すること。

(酸化染毛剤やアレルギーの特性) ○ ヘアカラーリング剤の中では酸化染毛剤が最も広く使用されている が、主成分として酸化染料を含むため、染毛料等の他のカラーリン グ剤と比べてアレルギーを引き起こしやすい。 ○ 治療に30日以上を要する症例が見られるなど、人によっては、アレ ルギー性接触皮膚炎が日常生活に支障を来すほど重篤化することが ある。 ○ これまでに毛染めで異常を感じたことのない人であっても、継続的 に毛染めを行ううちにアレルギー性接触皮膚炎になることがある。 ○ アレルギーの場合、一旦症状が治まっても、再度使用すれば発症し、 次第に症状が重くなり、全身症状を呈することもある。 ○ 低年齢のうちに酸化染毛剤で毛染めを行い、酸化染料との接触回数 が増加すると、アレルギーになるリスクが高まる可能性があると考 えられる。

(対応策等) ○ 消費者は、セルフテストを実施する際、以下の点に留意すべき。 ・テスト液を塗った直後から 30 分程度の間及び 48 時間後の観察が必要 (アレルギー性接触皮膚炎の場合、翌日以降に反応が現れる可能性が 高いため、48 時間後の観察も必要)。 ・絆 ばん 創 そう 膏 こう 等で覆ってはならない(感作を促したり過度のアレルギー反 応を引き起こしたりするおそれがあるため)。 ○ 酸化染毛剤を使用して、かゆみ、赤み、痛み等の異常を感じた場合 は、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があるため、消費者は、アレ ルゲンと考えられる酸化染毛剤の使用をやめる、医療機関を受診す る等の適切な対応をとるべき。

2.厚生労働大臣への意見

(1)製造販売業者及び関係団体への周知徹底等 消費者にリスクを回避するための行動を促すため、製造販売業者から消 費者に対し、1.に示した酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策等を伝 えられるよう、以下のことを行うこと。

○ 製造販売業者及び関係団体に対し、例えば、警告・注意を守らない ことによって具体的にどのような状況が発生し得るか、なぜ毎回セ ルフテストが必要なのかなど、リスク等が消費者に分かりやすく伝 わるような表示や情報提供の内容を検討するよう促すこと。 ○ また、特に安全に関する重要な情報は製品を陳列した際に正面とな る面に表示したり、症例写真など、より具体的に伝わる情報を整理 してウェブサイト上に掲載したりする等、リスク等が的確に消費者 に伝わるような伝達手段について検討するよう促すこと。

(2)理美容師への周知徹底等 関係団体に対し、様々な機会を捉えて繰り返し学習する機会を設けるな どにより、以下について、理美容師に対して継続的に周知するよう促すこ と。

○ 理美容師は、1.に示した酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策 等について確実に知識として身に付けること。 ○ 理美容師は、毛染めの施術に際して、次のことを行うこと。 ・コミュニケーションを通じて、酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応 策等について顧客への情報提供を行う。 ・顧客が過去に毛染めで異常を感じた経験の有無や、施術当日の顧客の 肌の健康状態等、酸化染毛剤の使用に適することを確認する。 ・酸化染毛剤を用いた施術が適さない顧客に対しては、リスクを丁寧に 説明するとともに、酸化染毛剤以外のヘアカラーリング剤(例えば染 毛料等)を用いた施術等の代替案を提案すること等により、酸化染毛 剤を使用しない。

(3)セルフテストの改善の検討 セルフテストの実施により、消費者自身が毛染めによる皮膚障害の発症 の可能性があることに早期に気付き、症状の重篤化を未然に防ぐことがで
きると考えられることから、消費者が実施しやすいセルフテストの方法等 の導入の可能性を検討すること。

引用先▼消費者庁ホームページ
http://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_008/pdf/8_iken.pdf


お試しキャンペーン!ヘアーカラーダメージ成分(1剤-アルカリ、2剤過酸化水素)瞬間同時中和剤

お客様とスタッフを守る!

お試しキャンペーン★

ヘアーカラーダメージ成分(1剤-アルカリ、2剤-過酸化水素)

瞬間同時中和剤がお得な条件で提供

当グループでは、必須アイテムの中和剤が圧倒的な人気を得ています。
ヒリヒリを予防! 髪の傷みを予防! トリートメント不要! 退色しない! 髪にハリが・・・

 

使って見てダメなら、返金致します!

★瞬間同時中和剤 200ml ポンプタイプを特別価格でご提供いたします。

★通常価格4,100円税別 ➤ 2,100円税別でご提供!★

使って、お気に召さなければ、商品はそのままで、返金OK!

先着100サロン様、

<広域関東圏の美容室様限定>
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・新潟県・静岡県
※混雑を避ける為、他の地域の方は次回にご案内いたします。

▼キャンペーンのお申込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/41de5fb6157348

 

「中和剤を利用しての美容室ヘアカラー活用法1」
https://youtu.be/6CUrJonLSVQ

「中和剤を利用しての美容室ヘアカラー活用法その2」
https://youtu.be/2wAIETSmcdQ

★お問い合わせはこちらから
http://himito.com
※質問等を受け付けております。

 


人美人DC-1  酸化染毛剤のアルカリ、過酸化水素を完全中和剤

酸化染毛剤(一般的なアルカリカラー剤など)による髪の傷み、頭皮の炎症、身体への影響を予防し、美しく、手入れのしやすい髪へ導きます。

毛染めダメージ成分中和

業務用1000ml

店販用200mlムースポンプ

<対象>毛染めで

  • 髪がパサつく方
  • 艶がなくなった方
  • 色が抜ける方
  • 頭皮がチクチク、ヒリヒリする方
  • 白髪染めの後、頭皮に染まりが残る方

<用途>

  • アルカリ剤、過酸化水素を同時に瞬間中和し、髪の傷み、退色を予防し、さらにアルカリ剤や過酸化水素による炎症を予防します。

<使用方法>

  • カラーチェック後、洗髪する前のカラー剤にしっかり馴染ませてから、シャンプーをします。
    ※この方法はあくまでもかゆみが3日以内の収まる方を対象にお願いします。

<成分>

  • 水、カタラーゼ、加水分解コラーゲン、CMC、ポリソルベート20、ココアンホ酢酸Na,(アルニカ、ニンニク、オドリコソウ、ローズマリー、ゴボウ、ローマカミツレ、セイヨウキヅタ、)グリコール酸、BG,エタノール、リン酸2Na、リン酸、フェノキシエタノール、オレンジオイル、メチルパラベン

<注意>

  • この商品の中和効果は高いものですが、100%を保証するものではありません。
    この方法はあくまでもかゆみが3日以内の収まる方を対象にお願いします。

<使用期限>

  • 開封から6ヶ月

<購入方法>


安全毛染めの第一歩にチャレンジ!

90%以上の方が毛染めによる髪の傷み、炎症で困っている!

  • 毛染め中にかゆみなどを感じる
  • 毛染め(酸化染毛剤)をした後、髪が傷む
  • 染めた後、数日すると色が抜けてくる
  • 髪が痩せて来た
  • etc

HIMITO瞬間中和剤で解決!

  • アルカリ、過酸化水素を完ぺきに中和で解決。
  • 中和された排水で環境を守ります。
  • トリートメントが要らない。
  • etc

私達が安全毛染めに着手した最初の技術を紹介します。
一般的な毛染め(酸化染毛剤)で主に問題となる成分は、アルカリ、過酸化水素、ジアミンなどがあるが、この技術は、髪のダメージや頭皮の炎症の原因となるアルカリと過酸化水素をほんの2分ほどで、同時に中和する優れモノです。
この成分をほぼ完ぺきに中和する事で、毛染めの後のトリートメントが不要になり、様々なメリットが生まれる事です。

毛染め瞬間中和キャンペーン中!

お気に召さなければ、返金致します。
今回、この技術を体験してもらう為のキャンペーンを企画させて頂きました。
まずは、どんな可能性が生れるか動画をご覧下さい。

【ダメージ成分中和剤DCー1 キャンペーン】

美容室限定 先着100サロン様

対象サロン地域:広域関東地方 (茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県 千葉県・東京都・神奈川県・山梨県 長野県・新潟県・静岡県)の美容室の方


毛染め、髪染め、白髪染め、ヘアーカラーに殺されない為に・・・


ブラックトリートメントをパーマのプレシャンプーとして使えますか?

「BTM-1 トリートメントシャンプー 1000ml 業務用」についてのお問い合わせ

[お問い合わせ内容]

Q:BTM-1をパーマのプレシャンプーに使用することに対して、パーマに及ぼすとおもわれる影響をパーマ剤、コスメ系(チオグリコール酸+シスチィン+チオグリセリン+システアミン)(チオグリコール酸+シスチィン+チオグリセリン+チオ乳酸)チオグリコール系について、それぞれに教えて下さい。

A:基本的に毛染め専用のシャンプーの為、パーマのプレシャンプーとしてのご使用はお止め下さい。 各サロン様のパーマ剤等はメーカーにより様々な為、使用する事でどの様な現象が起きるか予測できませんので、どうしてもご使用する場合は自己責任の上、ご使用くださいます様お願い致します。


安全安心毛染め説明会 in 札幌

わが社の髪を傷めず、毛染めを安全にする商材を用いた技術プログラムの説明会が開かれました。
道内各地から参加いただいたサロン様に感謝いたします。

プレゼン動画の視聴

安全安心毛染めデモンストレーション

参加をご希望のサロン様は、申込ページよりご連絡ください。
お申込み ➡ http://hm-b-b.com/?page_id=271