染毛剤(ヘアダイに含まれる環境ホルモン)によるアナフィラキシー(急性のショック症状で非常に危険)の症状は、激しい呼吸困難症状、顔・口唇・喉粘膜・喉の激しい痛み、咳、食欲不振を訴え、舌・喉・首のむくみによる呼吸困難(アナフィラキシー様の状態)、目に入ったり、眉毛やまつげに使用した時に、目が焼け付くような感じ、まぶたの腫れ、結膜の充血、悪くすると失明も報告されています。

長期に使用した場合の慢性の影響として、白内障などの事例もあります。

・ 生殖機能障害  ・ 接触性皮膚炎  ・ 結膜炎  ・ 気管支喘息  ・ 腎臓障害 ・ 貧血 ・ 発ガン性 ・ 頭皮や顔のただれ ・ ショック症状 ・ 強いアレルギー反など
【死亡例】

イギリス人17歳が髪を染めて死亡 アレルギー反応か

「デイリーメールによると、髪を染めようとしていた17歳の少女タバサ・マックコートが、染色が原因で死亡したと伝えています。
染色して20分経ったころに突然苦しみはじめ、死亡したようです。
髪を染めただけで死亡するという衝撃的なニュースですが、彼女は染料に対してアレルギーを持っていた可能性が示唆されています。

現場にいた友人によると、苦しみもがくタバサは、まるで人形のようだったそうです。

バスルームで髪に染料をつけて数分後、ソファに座っていた彼女は、突然必死に髪の染料をとりはじめました。
そして、「No, No!」と叫びはじめ、母親と友人は彼女をなだめようと試みました。
しかしすぐに彼女の目はおかしくなり、具合が悪そうに横たわりました。
そのとき、彼女が足を引きずるようにしていたので、それが人形にように見えたそうです。

すぐに病院に運ばれましたが、そこで彼女は死亡しました。

警察は死因はまだ不明としていますが、報道では「p-Phenylenediamine(パラ・フェニリンジアミン)」という物質が原因ではないかと言われています。

髪を染めることに慣れている人は、たとえ商品がかわってもアレルギーテストをしない人が多いはずです。
タバサもいつも髪を染めていたそうです。」

PPDは、少量の接触や飛沫の吸入で、接触性皮膚炎や粘膜の浮腫(むくみ)、結膜炎、鼻炎、気管支喘息など粘膜の障害を引き起こします。

間違って飲んだり、なめたり、皮膚から体内に吸収されてしまうと、貧血(血液細胞が生産されなくなる再生不良性貧血を起こすとの報告がある)、腎臓障害、横紋筋融解(全身の骨格筋細胞が壊れてしまう)などの重篤な病気を起こさせます。

また、ヘアダイに含まれるPPDやアミノフェノール、レゾルシンなどは、メトヘモグロビン血症を起こします。
ヘモグロビンの鉄(Fe2+)が酸素と結合できない鉄(Fe3+)に酸化されたものをメトヘモグロビンといいますが、血液中のヘモグロブリン中1~2%以上になった場合をメトヘモグロビン血症といいます。メトヘモグロビンには酸素が結合できないため、肺から取り入れた酸素を体内に運べません。

メトヘモグロビンが増加すると、顔の色が紫になり(チアノーゼ)、呼吸困難を起こします。
新生児・乳児はメトヘモグロビン血症を起こしやすいことがわかっています。 小さな子供がヘアダイを誤ってなめてしまった場合、最悪の場合は死亡する可能性もあります。

LINEで送る
[`yahoo` not found]