少しでも安全に染める事が大事

消費者庁 「毛染めによる皮膚障害」レポートより

美容室や家庭で髪を染める事が日常となっていますが、平成27年10月23日に消費者庁から「毛染めによる害」が発表され、もう4年目に入りますが、一向に問題が解決されていない様です。

暗い色に染める染毛剤を長期間使用している女性では、致死的非ホジキンリンパ腫と致死的多発性骨髄腫のリスクが4倍に増大していたという報告があります。

他にも、暗い色に染める化学染毛剤と膀胱がんリスクとの関連も過去の研究で報告されています。

参照:医学博士も危険視する「髪染め」と「ガン」の恐るべき関係性

医学者や公的機関が危険性を指摘!

毛染めによる問題が深刻化している中でも、毛染めは日常生活に欠かせないものとなった以上、安全に染める努力が必要です。

例えば、自動車は危険なものですが、安全運転技術や安全装置、ルールなどで安全性を高めようとしています。 毛染めも同じように、少しでも安全に使う事と、安全な薬剤の開発などに取り組むべきでしょう。

最も大事な事は・・・

「毛染めは危険である」としっかり認識する事です。
100%安全なものはないと言う気持ちで利用する事が大事なのです。
そして、製造する所、販売する所が「毛染めは危険です」を明確にすることがなのです。

毛染めを安全にする為に ➤ 安全に染める方法

安全美髪毛染め技術を行うサロン ➤ 安全美髪サロン

安全美髪技術紹介 ➤ 安全美髪技術

毛染めの恐ろしさ ➤ 消費者庁「毛染めによる皮膚障害」

LINEで送る
[`yahoo` not found]