Archives 10月 2014

アトピー性皮膚炎の辛さを軽減する為に

アトピー性皮膚炎専用商品のテストを開始します。

アトピ一性皮膚炎は、皮膚疾患のなかでは頻度の高い疾患の一つである。その疾患概念は「患者の多くはアトピー素因をもち、寛解・悪化を繰り返す 痒(痒み)のある湿疹を主病変とする疾患である」と理解されている1)。
しかし、本症の発症機序あるいはその病態についてはいまだ不明な点も多い。
また、本症には多くの悪化因子が知られているが、それら各悪化因子の皮膚炎への関与の機序あるいはその重要性に関しても様々な見解が示されている。
かって(1980年代半ば頃から)、アトピー性皮膚炎の発症・悪化の機序や治療の概念に関して様々な見解が提唱され、それらのなかにはきわめて偏向したものもあって当時は社会問題的な混乱に至ったことがあった。
そのような状況から本症の治療ガイドラインが作成されたり、また本症の本態に関する解析や理解が進展してきたことから、基本治療に関してはほぼコンセンサスが得られて現在ではその混乱は沈静化している。
すでに小児および成人のアトピ-性皮膚炎の講義を通じて本症の概要は理解されていると思うので、ここではつい最近改訂された厚生労働科学研究による「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2005」2)を中心として本症の実態のまとめと基本的治療について概説する。

厚生労働省資料参考
▼アトピー性皮膚炎の概要と基本的治療
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-03.pdf
▼アトピー性皮膚炎(小児)
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-04.pdf


★人美人経営交流会(夢をカタチにする)

本日、10月10日金曜日19時~21時 毎月第2金曜日

札幌市西区琴似1条5丁目4‐10 シティビル2F
ブルーヘアーにて行います。

会費は3,240円(税込)

事業を成功へ導く為、日常のサロン運営の人、物、金等、詳細を一つ一つ
改善します。

  • 例えば、
    ◎お客様の来店数を減らしながら収益を3倍にする方法
    ◎収益を3倍にしながら、営業時間8時間、週休2日制を導入する方法
    ◎チラシなどPR活動をしなくても、お客様がどんどん集まる方法
    ◎自分の好きな技術と接客に没頭しながら、経営が簡単になる方法

等、それぞれのオーナーにあった方法を教えます。

本当に? 本当です。

方法を教えます。


★爆発的に売れ始めた「水のトリートメント」がリニューアルしました。

お使いのお客様から「指の力が弱いからスプレーするのが大変」と言う声から

トリガータイプのスプレーに変更致します。

持ち運びにも邪魔にならず、誤ってスプレーしない様ストッパー付なので安心です。

11月より発売開始!

詳しくは水のトリートメントページよりご覧ください。

http://himito.com/?page_id=1200