HMIG-TVチャンネル 毛染めの危険から解放されて!

闘病を乗り越え、美容師としてお客さんにしてあげられる事。

➤チャンネル登録を宜しくお願い致します。(^.^)v

高橋さんの美容室「ヘアーズカーム」札幌市清田区
こちらから➤http://h-calm.com

上川さんの美容室「美容室RK」江別市
こちらから➤http://rk-beam.com

▼全国の安全毛染め認定サロン紹介
http://hm-b-b.com/?page_id=168

▼安全カラーのお問い合わせはこちら
http://hm-b-b.com/

#安全カラー #カラーグレス #毛染めは危険


毛染めを安全にする方法

ここでご案内する「毛染めを安全な方法」は、一般的に多く利用されるアルカリカラー(酸化染毛)についての解説です。

毛染め1剤に含まれる化学物質

1剤は主に染料として使用され、代表的な物質のパラフェニレンジアミン、メタアミノフェノール、パラアミノフェノール、トルエン-2,5-ジアミン等、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすい物質と炎症を起こしやすいアルカリ剤が含まれて居ます。

アナフィラキシーショック等引き起こす原因や、経皮吸収から内臓などの機能障害を起こす可能性があると言われています。

また、アルカリ剤は、頭皮の炎症を起こしやすく、髪のキューティクルなどを溶かし、欠損させると言われ、髪のダメージの原因となります。

毛染め2剤に含まれる化学物質

主に過酸化水素水は、髪の染料の入れ替えのブリーチとして使われて居て、髪のダメージの原因となります。

安全に髪を傷めずに染める方法

  1. 髪質、頭皮の状態に合わせ施術方法を決める。
  2. 頭皮の状態を正常に近づけてから施術に入る。(PH、イオン、モイスチャーバランス)
  3. 化学物質を頭皮ブロックする。(無効化は染らなくなるのでNG)
  4. 頭皮に毛染め剤が着かない様に根元から染める。
  5. 染まり後、アルカリ、過酸化水素を中和する。(環境破壊を予防)
  6. すすぎ、シャンプー時に頭皮に毛染め剤が着かない様に洗う。
  7. 残留する化学物質を除去する。(毛染め専用)
  8. 毛染め専用のホームケアーをする。(シャンプー、トリートメントなど)

以上の方法を行う事で、当研究所のデーターでは1000人に1人のかぶれが起きる現象があります。
99%以上に安全性やダメージレスが認められる結果が見られます。

安全美髪毛染め技術を行うサロン ➤ 安全美髪サロン

安全美髪技術紹介 ➤ 安全美髪技術

毛染めの恐ろしさ ➤ 消費者庁「毛染めによる皮膚障害」


恐るべき「毛染め」と「ガン」の関係性

少しでも安全に染める事が大事

消費者庁 「毛染めによる皮膚障害」レポートより

美容室や家庭で髪を染める事が日常となっていますが、平成27年10月23日に消費者庁から「毛染めによる害」が発表され、もう4年目に入りますが、一向に問題が解決されていない様です。

暗い色に染める染毛剤を長期間使用している女性では、致死的非ホジキンリンパ腫と致死的多発性骨髄腫のリスクが4倍に増大していたという報告があります。

他にも、暗い色に染める化学染毛剤と膀胱がんリスクとの関連も過去の研究で報告されています。

参照:医学博士も危険視する「髪染め」と「ガン」の恐るべき関係性

医学者や公的機関が危険性を指摘!

毛染めによる問題が深刻化している中でも、毛染めは日常生活に欠かせないものとなった以上、安全に染める努力が必要です。

例えば、自動車は危険なものですが、安全運転技術や安全装置、ルールなどで安全性を高めようとしています。 毛染めも同じように、少しでも安全に使う事と、安全な薬剤の開発などに取り組むべきでしょう。

最も大事な事は・・・

「毛染めは危険である」としっかり認識する事です。
100%安全なものはないと言う気持ちで利用する事が大事なのです。
そして、製造する所、販売する所が「毛染めは危険です」を明確にすることがなのです。

毛染めを安全にする為に ➤ 安全に染める方法

安全美髪毛染め技術を行うサロン ➤ 安全美髪サロン

安全美髪技術紹介 ➤ 安全美髪技術

毛染めの恐ろしさ ➤ 消費者庁「毛染めによる皮膚障害」


「毛染めをしている人に乳がんが多い!」安全に髪を傷めずに染める方法

「毛染めをしている人に乳がんが多い!」
衝撃的なニュースが先日、➤Yahoo!ニュースにあった。

暗く染めるほど、危険が増します。

美容室やホームケアーなどで使用するシャンプー、トリートメントや毛染めなどには、身体に危険なものが多い、もちろん髪を傷め、弱くしてしまうものも多いのが現実である。

長年、研究して来た中で思う事は、美容室は「髪と身体の安全に取組みながら、美を追求し、提供する所」であって欲しいと思うのです。
しかし、現実の殆どは「美容室に行くと、体に悪影響、髪が傷む」と言う、印象が非常に多い事です。
「髪が良くなって来たら、美容室に行こう」と言う事になってします。
カラーバリエーションが多く、しっかり染まる毛染めは、今の所ヤッパリ一般的に多く利用されているアルカリカラー(酸化染毛剤)である。
欠点は、髪が傷み、身体に悪影響が考えられる事であり、染毛の中で最も消費者センター・国民生活センターに苦情が多いのである。

安全に髪を傷めずに染める為には、

  1. 頭皮の状態を正常に近づけてから施術に入る。(PH、イオン、モイスチャーバランス)
  2. 化学物質を頭皮ブロックする。(無効化は染らなくなるのでNG)
  3. 頭皮に毛染め剤を着けないで、根元から染める。
  4. 染まり後、アルカリ、過酸化水素を中和する。(環境破壊を予防)
  5. すすぎ、シャンプー時に頭皮に毛染め剤が着かない様に行う。
  6. 残留する化学物質を防御する。(毛染め専用)
  7. 毛染め専用のホームケアーをする。(シャンプー、トリートメントなど)

以上の事を行う事で、当研究所のデーターでは1000人に1人のかぶれが起きる現象があります。
99%以上に安全性やダメージレスが認められる結果が見られます。

毛染め+縮毛矯正、SSD(スイングストロークドライ)のみでスタイリングなしの状態

安全に、健康に染める方法は、美容室技術、ホームカラーの二通りあります。
ご自分の都合に合わせ、利用分けすることが出来るので、安全美髪毛染めに取組むサロンに相談ください。

安全美髪取扱を検討したいサロン様 ➤ 安全毛染めショップ (ご新規登録下さい)

安全毛染めに取組むサロン様 ➤ 安全美髪サロン紹介

安全毛染め技術に関心のある美容師さんは、デモ講習にご参加ください。 ➤ デモ講習案内 


ヘアーカラー、白髪染めで乳がんになる!?本当ですか?

Yahooニュース、衝撃的なニュースが!!

<定期的に髪を染めたりしている女性は、乳がんの発症リスクが高くなる。カラー剤などに発がん性物質が含まれているためだ>

ヘアカラー(一度染めたら落ちないもの)で定期的に髪を染めている女性は、乳がんになるリスクが最大60%増すとの研究結果が、学術誌「インターナショナル・ジャーナル・オブ・キャンサー」に掲載された。

さらに詳しくは、Yahoo!ニュースをご覧ください。➤Yahooニュース

★安全美髪毛染め★

当社では安全毛染めに取り組んでおります。 詳しくはこちら⇒ 詳細ページ 

危険な毛染めを安全に染めることが出来ます。

安心美髪毛染めは身体と髪を守ります。

★安全美髪毛染め★

当社では安全毛染めに取り組んでおります。 詳しくはこちら⇒ 詳細ページ 


毛染め、ヘアーカラーによる髪のパサつきの原因、予防、修正

毛染めをした後に起こるパサつき

毛染め、ヘアーカラーをした後、「髪はしなやかになり、ツヤも出るけど、1回2回と髪を洗うたびにパサついてくる」と言う現象は当然起こる事です。

そもそも、「毛染めをする時点で髪は傷む」のです。

原因:最も多く使われる一般的な毛染め(酸化染毛剤)には、国も危険と認める成分が多く含まれて居て、かゆみなどのカブレになる事や髪が傷むことが当然となっています。
それにかかわらず、美容師さんを始め、多くの方が危険である認識が低いのです。

予防:安全な毛染めを作る事が良いとは思いますが、絶対に安全な毛染めが無いので、予防をする方法を用いる事が重要です。方法:

  1. 地肌に薬剤を着けない。
  2. 過酸化水素やアルカリ剤を中和する。
  3. 有害化学物質をブロックする。
  4. 残留する薬剤を除去する。
  5. 頭皮の状態を正常に保つ
  6. 毛染めに合ったホームケアーをする。

修正(修復):基本的に一度傷めた髪は完全には健康な髪に戻る事はありません。
今以上に傷めない事、これから傷めない様に予防する事が、健康的な髪にする方法です。


「安全美髪毛染め」デモ講習開催!

アルカリカラー(酸化染毛)を瞬間に安全な毛染めにする技術を公開デモ開催!

安全な毛染めを求めているお客様が沢山います。

  • かゆみなどカブレ、退色、傷み等毛染めでの問題点が気になるサロン様、美容師様必見!
  • 毛染め価値が3000円~アップし、お客様が大満足!

実証

  • 美容サロン ブルーヘアーは、3ヶ月先まで予約で満員!
  • 営業時間はたったの6時間!
  • 昼食、休憩はしっかりとります。
  • 社員の福利厚生は万全。
  • 勉強時間は勤務時間内

貴方のサロンも、価値が隠れています。

安全美髪毛染めで実感ください!

開催日時:2019/11/18 月曜日 19時~21時

場所:小樽市花園町 ヤスエ美容室 ホームページ➤https://yasue-salon.com/

費用:無料

お申込:こちらをクリック!➤こちら 又は 受付窓口サロン ☎011-614-9285(担当佐々木)


「毛染めによる皮膚障害」 消費者安全法第33条の規定に基づく意見を引用

消安委第69号 平成27年10月23日 消費者庁長官 殿 厚生労働大臣 殿
※「毛染めによる皮膚障害」 消費者安全法第33条の規定に基づく意見を引用

消費者安全調査委員会委員長

消費者安全法第33条の規定に基づく意見

消費者安全調査委員会は、毛染めによる皮膚障害について行った、消費者安全 法(平成21年法律第50号)第23条第1項の規定に基づく調査の結果を踏まえ、同 法第33条の規定に基づき、消費者安全の確保の見地から、下記のとおり意見を述 べる。 なお、この意見を受けて講じた措置について、その内容を報告いただくようよ ろしくお取り計らい願いたい。

ヘアカラーリング剤の中で、酸化染毛剤は最も広く使用されている製品であ るとともに、最もアレルギー性接触皮膚炎になりやすい製品でもある。アレルギ ー性接触皮膚炎になると、一旦皮膚炎の症状が治まっても、再度酸化染毛剤を使 用すれば再発する可能性が高く、また、そのまま毛染めを続けていると、症状が 重篤化し得る。 酸化染毛剤の主成分である酸化染料は、アレルギーを引き起こしやすい性質 を有するが、現時点では、代替可能な成分が他に存在しないため、残念ながら、 製品の改良によって直ちにリスクの低減を図ることは困難である。そのため、症 状の重篤化を防ぐためには、いち早く異常に気付くこと、異常を感じたら適切な 対応をとることが必要であり、こうしたリスクや対応策について社会全体で共 有されることが重要である。 以上のことを踏まえ、消費者庁及び厚生労働省は、毛染めによる皮膚障害の重 篤化を防ぐために次の点について取り組むべきである。

1.消費者庁長官及び厚生労働大臣への意見

消費者が酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策等を理解し適切な行動が とれるよう、以下の事項について様々な場を通じて継続的な情報提供を実施 すること。

(酸化染毛剤やアレルギーの特性) ○ ヘアカラーリング剤の中では酸化染毛剤が最も広く使用されている が、主成分として酸化染料を含むため、染毛料等の他のカラーリン グ剤と比べてアレルギーを引き起こしやすい。 ○ 治療に30日以上を要する症例が見られるなど、人によっては、アレ ルギー性接触皮膚炎が日常生活に支障を来すほど重篤化することが ある。 ○ これまでに毛染めで異常を感じたことのない人であっても、継続的 に毛染めを行ううちにアレルギー性接触皮膚炎になることがある。 ○ アレルギーの場合、一旦症状が治まっても、再度使用すれば発症し、 次第に症状が重くなり、全身症状を呈することもある。 ○ 低年齢のうちに酸化染毛剤で毛染めを行い、酸化染料との接触回数 が増加すると、アレルギーになるリスクが高まる可能性があると考 えられる。

(対応策等) ○ 消費者は、セルフテストを実施する際、以下の点に留意すべき。 ・テスト液を塗った直後から 30 分程度の間及び 48 時間後の観察が必要 (アレルギー性接触皮膚炎の場合、翌日以降に反応が現れる可能性が 高いため、48 時間後の観察も必要)。 ・絆 ばん 創 そう 膏 こう 等で覆ってはならない(感作を促したり過度のアレルギー反 応を引き起こしたりするおそれがあるため)。 ○ 酸化染毛剤を使用して、かゆみ、赤み、痛み等の異常を感じた場合 は、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があるため、消費者は、アレ ルゲンと考えられる酸化染毛剤の使用をやめる、医療機関を受診す る等の適切な対応をとるべき。

2.厚生労働大臣への意見

(1)製造販売業者及び関係団体への周知徹底等 消費者にリスクを回避するための行動を促すため、製造販売業者から消 費者に対し、1.に示した酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策等を伝 えられるよう、以下のことを行うこと。

○ 製造販売業者及び関係団体に対し、例えば、警告・注意を守らない ことによって具体的にどのような状況が発生し得るか、なぜ毎回セ ルフテストが必要なのかなど、リスク等が消費者に分かりやすく伝 わるような表示や情報提供の内容を検討するよう促すこと。 ○ また、特に安全に関する重要な情報は製品を陳列した際に正面とな る面に表示したり、症例写真など、より具体的に伝わる情報を整理 してウェブサイト上に掲載したりする等、リスク等が的確に消費者 に伝わるような伝達手段について検討するよう促すこと。

(2)理美容師への周知徹底等 関係団体に対し、様々な機会を捉えて繰り返し学習する機会を設けるな どにより、以下について、理美容師に対して継続的に周知するよう促すこ と。

○ 理美容師は、1.に示した酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策 等について確実に知識として身に付けること。 ○ 理美容師は、毛染めの施術に際して、次のことを行うこと。 ・コミュニケーションを通じて、酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応 策等について顧客への情報提供を行う。 ・顧客が過去に毛染めで異常を感じた経験の有無や、施術当日の顧客の 肌の健康状態等、酸化染毛剤の使用に適することを確認する。 ・酸化染毛剤を用いた施術が適さない顧客に対しては、リスクを丁寧に 説明するとともに、酸化染毛剤以外のヘアカラーリング剤(例えば染 毛料等)を用いた施術等の代替案を提案すること等により、酸化染毛 剤を使用しない。

(3)セルフテストの改善の検討 セルフテストの実施により、消費者自身が毛染めによる皮膚障害の発症 の可能性があることに早期に気付き、症状の重篤化を未然に防ぐことがで
きると考えられることから、消費者が実施しやすいセルフテストの方法等 の導入の可能性を検討すること。

引用先▼消費者庁ホームページ
http://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_008/pdf/8_iken.pdf


お試しキャンペーン!ヘアーカラーダメージ成分(1剤-アルカリ、2剤過酸化水素)瞬間同時中和剤

お客様とスタッフを守る!

お試しキャンペーン★

ヘアーカラーダメージ成分(1剤-アルカリ、2剤-過酸化水素)

瞬間同時中和剤がお得な条件で提供

当グループでは、必須アイテムの中和剤が圧倒的な人気を得ています。
ヒリヒリを予防! 髪の傷みを予防! トリートメント不要! 退色しない! 髪にハリが・・・

 

使って見てダメなら、返金致します!

★瞬間同時中和剤 200ml ポンプタイプを特別価格でご提供いたします。

★通常価格4,100円税別 ➤ 2,100円税別でご提供!★

使って、お気に召さなければ、商品はそのままで、返金OK!

先着100サロン様、

<広域関東圏の美容室様限定>
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・新潟県・静岡県
※混雑を避ける為、他の地域の方は次回にご案内いたします。

▼キャンペーンのお申込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/41de5fb6157348

 

「中和剤を利用しての美容室ヘアカラー活用法1」
https://youtu.be/6CUrJonLSVQ

「中和剤を利用しての美容室ヘアカラー活用法その2」
https://youtu.be/2wAIETSmcdQ

★お問い合わせはこちらから
http://himito.com
※質問等を受け付けております。

 


人美人DC-1  酸化染毛剤のアルカリ、過酸化水素を完全中和剤

酸化染毛剤(一般的なアルカリカラー剤など)による髪の傷み、頭皮の炎症、身体への影響を予防し、美しく、手入れのしやすい髪へ導きます。

毛染めダメージ成分中和

業務用1000ml

店販用200mlムースポンプ

<対象>毛染めで

  • 髪がパサつく方
  • 艶がなくなった方
  • 色が抜ける方
  • 頭皮がチクチク、ヒリヒリする方
  • 白髪染めの後、頭皮に染まりが残る方

<用途>

  • アルカリ剤、過酸化水素を同時に瞬間中和し、髪の傷み、退色を予防し、さらにアルカリ剤や過酸化水素による炎症を予防します。

<使用方法>

  • カラーチェック後、洗髪する前のカラー剤にしっかり馴染ませてから、シャンプーをします。
    ※この方法はあくまでもかゆみが3日以内の収まる方を対象にお願いします。

<成分>

  • 水、カタラーゼ、加水分解コラーゲン、CMC、ポリソルベート20、ココアンホ酢酸Na,(アルニカ、ニンニク、オドリコソウ、ローズマリー、ゴボウ、ローマカミツレ、セイヨウキヅタ、)グリコール酸、BG,エタノール、リン酸2Na、リン酸、フェノキシエタノール、オレンジオイル、メチルパラベン

<注意>

  • この商品の中和効果は高いものですが、100%を保証するものではありません。
    この方法はあくまでもかゆみが3日以内の収まる方を対象にお願いします。

<使用期限>

  • 開封から6ヶ月

<購入方法>


安全毛染めの第一歩にチャレンジ!

90%以上の方が毛染めによる髪の傷み、炎症で困っている!

  • 毛染め中にかゆみなどを感じる
  • 毛染め(酸化染毛剤)をした後、髪が傷む
  • 染めた後、数日すると色が抜けてくる
  • 髪が痩せて来た
  • etc

HIMITO瞬間中和剤で解決!

  • アルカリ、過酸化水素を完ぺきに中和で解決。
  • 中和された排水で環境を守ります。
  • トリートメントが要らない。
  • etc

私達が安全毛染めに着手した最初の技術を紹介します。
一般的な毛染め(酸化染毛剤)で主に問題となる成分は、アルカリ、過酸化水素、ジアミンなどがあるが、この技術は、髪のダメージや頭皮の炎症の原因となるアルカリと過酸化水素をほんの2分ほどで、同時に中和する優れモノです。
この成分をほぼ完ぺきに中和する事で、毛染めの後のトリートメントが不要になり、様々なメリットが生まれる事です。

毛染め瞬間中和キャンペーン中!

お気に召さなければ、返金致します。
今回、この技術を体験してもらう為のキャンペーンを企画させて頂きました。
まずは、どんな可能性が生れるか動画をご覧下さい。

【ダメージ成分中和剤DCー1 キャンペーン】

美容室限定 先着100サロン様

対象サロン地域:広域関東地方 (茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県 千葉県・東京都・神奈川県・山梨県 長野県・新潟県・静岡県)の美容室の方